translation
Instagram

経営をはじめての感想

産後ケア事業を始めて1年が過ぎ~…と、
やりたいことやっていて喜んでもらえて、こんなにいいことないよねって日々なんですけど。

実は始まりは「産後ケアやってみませんか?」というお誘いをいただき、
やる気になっちゃって、そのまま病院退職して起業しちゃったものだから
ほんと、ど素人で。

集客ってなんぞ?SNSに顔ださんとダメなの?エー??
…みたいなところからはじめているわけです。

で、やってみてわかったこと。

「助産師の感覚では生きていけない」ということ。

困っている人が来てくれるの待って、ケアして、良かったねー
…は病院だからできていたことで。
産後ケアは自費、しかも高い(助産師会の規定もあるのでね)から、
受けられる人は限られていて。
でも、それじゃダメよねって思って無料相談とか安いプランも作ってみるけど、
それでは私らが生きていけない。

で、色々考えて今日まで来たわけです。答え?まだ探し中です…(笑)。

私の夢は「家族みんなを笑顔にすること」。
これは孤独な人を一人でも少なくしたいって思っていて、
家族のもとに帰ると安心出来たら居場所ができるよね~
…って思って活動してきました。

そのための援助をしてくれる人たちにもたくさん出会えました。

私が「もう辞めちゃおっかな…」って思うと、誰かが声をかけてくれたり、
助けてくれたり。その繰り返しで1年たっていて。

そういえば私すごく運だけはいいんだった…‼
…なのでここまで来ることができました

病院にいて無力感に苛まれていた自分。
今も無力感は続いているんだけどね。
でも、「助けて」って言われたときに、
病院ではルールで手を差し伸べられなかったり、
繋がれなかったりしたことが、今は声をかけることができる場所になった。
私にできることはほんとにささやかなんだけど、
人をつなぐことができるようになった。

私のやっていることは自己満足だと思う。
力がもっとあったらって思うこともいっぱいある。
でも、助けてって声を出すって勇気がいることだし、
その勇気を受け損ねたらその人はもう勇気を出すことができないかもしれない。
だから、ちょっとのサインを繋いでおきたい。
力不足でも「私は助ける!」って思っていたい。

子どもってよく笑ってよく泣くでしょ。
全身で精一杯生きてるから、身体が小さいのに大人を動かしたり、
周りを明るくすることができるんだと思う。
その力って、本来がみんな持っているもの。

だから、私も一生懸命周りを動かせるくらいに
いっぱい笑って生きていきたいなって思う。
見ないふりして無表情で生きるのは性に合ってないから。

経営者として素人で、まだまだ何をどう動かしたらよいのかとか、
誰に話を持っていけばいいのかとか、
受験生の息子の学費大丈夫なのかとか、
時間もお金も人も使い方がよくわからずヒーヒー勉強している毎日。
でも、一歩一歩成長しているのは自分でわかる。
成長スピードがもう少し早かったらとか、
もっと勉強してから起業していたらとか、
色々後ろ向きになることもあるけど、ここまで来たら前進あるのみ!

夢を叶える一歩が踏み出せたのだから、
やれるところまでとことんやるしかない。

助けてほしい人を探して、手を繋いで、一緒に歩く。
その一つ一つが社会の幸せになるって信じているし、
行政ではできない部分を私ができるはず。

動いて勉強して頭抱えて、また動いて勉強して喜んで。

…大変な道を選んでしまった…。

でも、こんなに楽しく仕事ができるなんて、私は幸せ者だ。

そして、周りの人々の優しいこと
こんな優しい世界に私は生きていたんだなぁって、
起業して感じることができました。

今は実写版ドラクエを自分でやっている気分。

解決しないといけない問題(敵)はいっぱいあるけど、
一つ解決するたびに経験値が増えている。
進むと仲間も増えてくる。一緒にいると仲間も経験値増えてくる。
ま、まだレベル10にいかないんですけどね。ボスも倒してないしね。
村から出たばっかりで、
ゴールドも武器とか防具揃えるためにいつもカツカツ。
(ドラクエやっていない人には全く伝わらない)
でも、旅してたくさんの人と話しているうちに、
仲間が増えて、少しずつ強くなってるんだと思う。

運だけでやってたらダメだから、もっともっと学ばないといけないけどね。
今は優しい世界を心から堪能して旅を続けようと思う。

みんなが応援してくれるとすごく力になる。
だからみんな…応援してください
そして、仲間になってね!


カテゴリー:今日のいいこと

tomoko_aoki


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。