Instagram

イライラが止まらない。産後うつかも?

育児情報 By tomoko_aoki

皆様こんにちは。産後うつとは無縁そうな見た目のともこさんです。

無縁そうなだけで、私も産後はかなり鬱入ってました。

「埃で死んだ人なんていますか?」と、家にさばくで転がっているようなホコリの毬が転がっていようとも、なんとも感じない私。(いや、それは問題ですが。)

子供が産まれたら 朝起きて掃除機、クイックルワイパー、布団干し、午後も掃除機、クイックルワイパー、雑巾がけ。もう完全潔癖症です。

外に出るのも嫌。すべてがばい菌に見える。

これはね、おかしかったんですよ。きっと。その証拠に、今は元の正確に戻っています。「私が菌に負けるわけないわ。病院であらゆる菌に触れてきたんだから!」とテキトー街道まっしぐら。息子なんて「舌がしびれたら腐ってるから。それまでは食べられる。」と、わたしより逞しく育ってくれて。あの頃あんなに菌から切り離そうとしていたのに

でね、こんな私も鬱だったんですよ。3か月も引きこもりだったわけです。

これは何故か?考えられる原因は3つ。

  1. 寝不足過労で思考回路がおかしかった
  2. あかちゃんを一人で守るプレッシャーに押しつぶされた
  3. 私が一番この子のことをわかっていると思い込み、頼れなかった。

 

考えてもみて。貧血でふらついてるのに、眠ることもできず血液を子供に分け与えて。間違って押しつぶしたら死んでしまうような小さな子の命が私1人に預けられ。「少し任せるね」とも言えず、ひたすら赤子の敵になるものに目を光らせて。もー、無理っしょ。心も身体もボロボロやもん!ってなります。

鬱はまじめな人ほどなる。これはデータ的にそうです。でもね、どんな人でもなるんです。重い軽いはあるけれど。

だって…こんな過酷なこと今までの人生であったかしら?ゴールが見えない24時間の仕事。風邪ひいても薬飲めない。嫌なことあってもお酒も飲めない。発散しにカラオケもいけない。ゲームする時間もない。そもそも寝てない。ごはんも食べてない。

疲れとかのレベルじゃなくて、自分の生命維持が危ういレベル。

こんなの「あかちゃん可愛いから~」で乗り越えられるわけないです。

 

なので!これは必須!!誰でもいいから手を貸してくれる人を確保しておきましょう。一人での育児は本当に過酷です。そして仕事をしている夫は「手を貸してくれる人」カウントにしてはいけません。ご主人を頼ろうとすると、かなりの確率で喧嘩になります。だって、夫だって寝不足出勤で疲れてるんですもの。誰かガッツリ集中して子育てを手伝ってくれる人が必要です。

でも、手助けしてくれる人がいるだけで、育児は「こんな幸せな気持ち初めて」ってものになります。「私達、素敵な家族よね!」ってなります。

出産後は手助けしてと声を上げることもきつくなります。妊娠中に旦那さんにやってもらうこと、親にやってもらうこと、行政に頼むこと、民間事業に頼むことを整理しておきましょう。特に公的機関は妊娠中の面談などが必要なこともあるので、しっかりと調べておきましょう。

本当は育児は楽しいし、子供も可愛いんです。

悪いのはパパでもママでも、もちろんこどもでもない。助けがない環境が引き起こしていることが多いんです。

だから、事前に準備 しておきましょうね

今もう産後だよ~。今辛いよ~。って方は産後ケアや産後ドゥーラさん、ベビーシッターさんを利用してみてくださいね。お金はかかっても、まずはママの健康が第一!

私達もいつでもご相談お待ちしております。


カテゴリー:育児情報
タグ:産後うつ,産後ケア,育児

tomoko_aoki